敏感肌とは!?

敏感肌とは、簡単にいえば「肌が弱っている状態」のこと
角質があれていて、ストレスや体調不良から外部刺激に
すぐに負けてしまう肌のことを表しています。

 

実は、医学的には「敏感肌」という定義はありません。
強い刺激のある化粧品を使ったり、
化粧品を新しく変えた時、ストレスや疲れで
肌が余計に弱っているときなど敏感肌の症状が現れます。

 

敏感肌の場合、肌の内側のどこかで炎症起こしている可能性が高い
その炎症は小さなものでも、顔全体の肌が反応してしまうほど
ひどい敏感肌になることもあります。

 

敏感肌になってしまう一番の原因は「乾燥」です。
肌が乾燥するとバリア機能が低下していき、どんどん
老化の早い肌になってしまうんです。

 

花粉やアレルギーが原因の場合もあり、
後天性のアトピー性皮膚炎にまでなってしまう方もいます。

 

また、紫外線による影響も大きく、
一言で「敏感肌を予防する」なんてことは言えないのが現状。

 

敏感肌を改善するにはまずあなたが
「なにからくる敏感肌なのか?」原因を突き止めてみましょう。

 

多くの女性が敏感肌で悩んでいる

○食べ物から敏感肌になる可能性がある○
敏感肌とは弱っている肌のことを指していますが、
自ら肌を弱らせている女性って多いんです。例えば食生活。

 

花粉や食べ物でなんらかのアレルギーを持っている方は当然います。
食べ物のせいで皮膚が弱っている可能性があるんです。

 

肌のターンオーバーを促すには栄養が必要です。
敏感肌の肌は「肌が栄養不足な状態」です。
栄養を与えてあげないと、肌のターンオーバーが促されることもなく
どんどん肌がひ弱になっていってしまうんです。

 

○スキンケアから敏感肌になる可能性も○
大抵の人が、「スキンケアをしたときに肌が敏感肌だと気づく」んです。
間違ったスキンケアをそのまま続けて、
敏感肌を悪化させてしまう方はよくいます。

 

「ちょっとくらい皮膚がヒリヒリしても大丈夫だ」と

 

間違ったスキンケアから敏感肌を発症してしまう可能性もあります。
デリケートな状態を自ら作り出しているということ。
シャンプーやボディソープの洗い残しによって
顔が敏感に反応してしまう可能性もあります。

 

今一度、あなたのスキンケア状況を見直してみるのも
敏感肌予防の一つなんですよ。

 

 

⇒“アヤナス”の購入先はコチラ

 

40代のシワ・たるみ